ツアーの詳細

【鯨類とは】

簡単に言うと海に住む哺乳類の仲間です。ですから私達人間と同じように肺で呼吸しています。
鯨の先祖は陸上で生活していたのですが長い年月をかけて海で生活できるようになりました。
これは大きな体を維持していくためにはたくさんの餌を海に求めたためなのでしょう。
赤ちゃんは母乳で育ち、息継ぎをするために水面に浮上して呼吸をします。(潮吹き/ブロー)
鯨の尾びれが魚と違って水平方向にあるのは浮上と潜行を行いやすくするためです。
体温は私達と同じ37度くらいに保たれています。イルカも鯨の仲間です。

【ヒゲクジラとハクジラ】

鯨はヒゲクジラとハクジラに分けられます。
ヒゲクジラの仲間は世界中に10種類がいます。口の中にクジラヒゲというものがあって海水ごと
たくさんのオキアミや小魚をほおばりこのクジラヒゲで濾しとって食べます。沖縄で見れるザトウ
クジラはこの仲間で、他にはシロナガスクジラなども同じ仲間になります。
ハクジラの仲間は世界中で68種類がいます。歯を持ち大きなイカや魚を捕食しています。凶暴
な シャチや可愛いイルカもこの仲間に入ります。

【オスとメスの見分け方】

ホエールウォッチングのように水面から見ているだけでは見分けがつきません。
鯨のヘソと生殖溝の位置でわかりますがそれは残念ながら確認できません。
ザトウクジラはオスよりもメスの方が通常は大きいと言われています。

【ザトウクジラの大きさは】

体長は最大で16mに達しますが普通は12m〜14m、体重は30〜40tくらいです。
生まれたばかりの鯨でも体長は5mほどあります。
体長の1/3もある大きな胸ひれを持っていますが胸ひれだけでも5m近くの大きさです。

【ザトウクジラの名前の由来】

ザトウは漢字で座頭と書き昔の盲目の琵琶法師のことです。
ザトウクジラの体型が法師の持つ琵琶に似ているからとも潜水するときの背中
の曲がり具合が琵琶を背負った法師の姿に似ているからとも言われています。

【ザトウクジラの生態】

5mで生まれた赤ちゃんクジラは10ケ月後の離乳期には8〜9mに達します。
そして9歳前後になると体長は12mほどになり繁殖可能になります。
寿命は45歳から50歳、成熟したメスは3年毎に妊娠出産します。妊娠期間は約1年です。
子クジラを連れたメスにはオスクジラがエスコートしていることがよくあります。
これは次に交尾する時期を狙っているとも言われています。
通常はアラスカやアリューシャン列島の周辺で大量の餌を摂って脂肪を蓄え、5000kmも
離れた沖縄や小笠原、ハワイ諸島などの高緯度域にやってきて繁殖行動を行います。
沖縄近海では毎年12月後半から姿を見せ始め翌年4月には餌場であるアラスカへ向けて
出発していきます。

ツアーのご案内
ツアーのご案内
TOPページ
ツアーのご案内
ツアーのご案内
ツアーのご案内
ツアーのご案内
ツアーのご案内
ツアーのご案内

copyright(c) onnason whalewatching. all right reserved


恩納村ホエールウォッチング協会